不動産担保ローンで何とか経営危機を脱する事が出来た

金利負担が少ないものを選ぶべき

今の価格を維持しつつ利益を出していくということになれば、金利負担は少なければ少ないほどいいわけで、その意味ではこの金利の交渉というのは極めて重要なモノだったという事がありました。
今では完済しているのでその負担が無いという事がどれほどに良い事なのかという事が更に実感できています。
無借金経営程強いビジネスはありません。
何しろやること全てが利益になって自分の資産になってくれるわけですから、この借金があるというのは経営という事を考える上では極めて不利になるという事も実感しました。
何とか景気が持ち直してくれたことで事業を軌道に乗せることが出来たという事もあるのですが、この金利負担を出来るだけ安くしたという事も大きな意味があったと考えています。
ローンは出来るだけ利用しないのが理想ですが、利用しなければならないときは不動産担保ローン等で金利負担が少ないものを選択すべきでしょう。

事業継続のため不動産担保ローンを利用不動産担保ローンは理にかなったローン金利負担が少ないものを選ぶべき